Broadcast Headphone Headset

HMDC 26

※生産完了品です、記載されている仕様には海外モデルのものが含まれます
Article No. 502453

概要

(生産完了品です、記載されている仕様には海外モデルのものが含まれます)
密閉型スープラオーラルヘッドセット HMD 26 は軽量で、TV・ラジオ放送用途にデザインされたものです。高 SPL 仕様に設計されております。HMD 26 は快適な付け心地と優れたノイズ減衰をご提供いたします。ブロードキャスト・ヘッドホン HMD 26 の全種類にボリュームピークからユーザーを保護する ActiveGard が搭載されております。

ハイパーカーディオイド指向性特性を有するこのダイナミック・マイクロホンは、最大16kHzまで、完璧なブロードキャスト・サウンドをお約束します。主に騒がしい環境での使用を想定して設計されております。固体伝播音に対する低感度も重要な特長のひとつです。右利き、左利きのいずれの方にも使用可能なグースネック・マイクロホンです。マイクロホン・ブームはユーザーの好みに合わせて調整が可能です。


特長

  • 軽量ブロードキャスト・ヘッドセット

  • 2ピース自動調整式ヘッドバンドと柔らかなイヤーパッドによる、長時間の使用でも快適な極上の付け心地

  • シングルサイド・ケーブルルーティング

  • 高 SPL 仕様

  • NoiseGard によるアクティブ・ノイズ減衰

  • 110 dBを越えるボリュームピークからあなたを保護する

  • 「フリップアウェイ」ヘッドホン、シングルサイド・リスニングが可能

  • ダイナミック・マイクロホン(ハイパーカーディオイド)

  • 柔軟なマイクロホン・ブームにより、左右どちら側にも装着可能

  • マイクを縦にするだけでミュート

  • ケーブル、マイクロホン・ブーム、イヤーパッドはモジュラー・コンセプトに合わせて簡単に変更可

  • 2年保証


同梱物

  • ヘッドセット
  • ウインド / ポップ・スクリーン
  • ケーブルクリップ
  • ユーザーマニュアル

仕様

  • blue
  • インピーダンス
    600 Ohm mono / 1.200 Ohm stereo
  • 周波数特性
    40 Hz - 16.000 Hz
  • 周波数特性(ヘッドホン)
    20 Hz - 18.000 Hz
  • 特性 SPL
    1kHz, 1mW: 108 dB
  • 特性 SPL
    1 KHz, 1V: 110 dB
  • 全高調波歪み(THD)
    < 0,5 %
  • イヤーカップリング
    supra-aural
  • 型式
    dynamic, closed
  • 重量
    w/o cable: 210 g
  • 減衰
    15 - 30 dB
  • 公称インピーダンス
    300 Ohm
  • 保管温度
    -55 °C... +70 °C
  • 動作環境
    -15 °C... +55 °C
  • 出力電圧
    0,4 mV / Pa at 1 kHz
  • 最大音圧レベル(アクティブ)
    120 dB SPL at 1 kHz
  • Noise compensation (active)
    > 18 dB (100 - 300 Hz)

FAQ

  • What is the maximum SPL of a dynamic microphone?

    It is a common saying that dynamic microphones just have no maximum SPL.
    This saying is not technically exactly correct but for every day use use of dynamic microphones you will not find gain limitations. At SPL levels above 160 dB some mechanical problems might occur (for example the voice coil might crash onto the magnet) but these SPL levels are very hard to find in real world.
    Here at Sennheiser we use dynamic microphones for distortion measurements on loudspeakers at very high sound pressure levels. At Sennheiser we have measured the SPL and THD inside a large 2" driver/horn combination with a MD 421. The max SPL this combination was able to produce was 150 dB and the THD level recorded by a MD 421 was below 1% (produced by the driver not by the mic)
    So as a conclusion we can state the MD 421 has no maximum SPL limitations for practical use. However if using dynamic microphones at high SPL levels a user should be aware that the very high voltage (up to several volts) delivered by the microphone might cause problems when connected to mic preamps.



    HMDC 26 - 600 ( #502453 )

ダウンロード