HMD 27
コメンテーターやエンジニア向けの、特に屋外プロダクション向けプロ仕様の放送用ヘッドセット

HMD 27
Article No. 506902

新しい HMD 27 シリーズはコメンテーターやサウンドエンジニアに最高レベルの装着感を提供します。HMD 27 は、アラウンドイヤータイプの密閉型イヤーカップを採用し、パッシブ遮音に優れていながら、非常に軽い着け心地なので長時間に渡り快適に装着できます。耳を覆う柔らかいイヤーパッドは、優しく耳にフィットします。ヘッドセットは HMS 26 シリーズのように、2本のヘッドバンドが装着動作にあわせて自動で開くようになっており、敏感な泉門に圧力がかかりません。従来のヘッドバンドを好むユーザーのために、2本のヘッドバンドを1本のコンパクトなヘッドバンドに変換するワイドヘッドバンドパッドが含まれています。

  • 軽量の密閉型デザインと分離式ヘッドバンドのおかげで、最高の装着快適性(頭蓋骨の敏感な泉門を圧迫しません)

  • 要求の非常に厳しいモニタリングのための正確でリニアなサウンド再生

  • ノイズの多い環境でも、強力でパワフルなサウンドパターンの音声伝送を、最高の放送品質で行えるダイナミックマイク

  • 110 dB を超えるノイズピークから耳を保護する ActiveGard©(オン/オフスイッチ)

  • さまざまなケーブルとブームアームでフレキシビリティーが非常に高い、モジュラーコンセプト

  • Cable 26-II シリーズのケーブルと互換性があります

  • 片耳リスニング用の回転式イヤーカップ

  • マイクは左右どちらにも装着可能

  • ツーピースのヘッドバンドをコンパクトなシングルピースに変換するワイドヘッドバンドのパッドが含まれています

レビュー
Be the first to write a review.

仕様
同梱物
  • 1 x HMD 27
  • 1 x 大型ヘッドバンドパッド
  • 1 x ウレタン風防
  • 1 x ケーブルクリップ
  • 1 x クイックガイド
  • 1 x セーフティガイド
  • ケーブルは別売になります。接続機器の入出力端子を確認し、適合したものを別途ご購入ください。

サポート
コンタクト
製品サポート

Product Phone


FAQ
  • What does the NoiseGard on/off switch do?

    The NoiseGard on/off switch is the switch that allows you to turn the active noise compensation circuitry on or off. It comes with a two colors LED for-power on and low battery-on headsets using a battery pack.

    NOTE: If you should turn off the NoiseGard system there is no loss of, or reduction of, the received audio and you still retain the passive capabilities of the headset. You may have to increase the receiver volume to compensate for the increase of ambient noise due to the loss of the NoiseGard feature. The LED is located on the control-unit respective to the battery pack of the headsets. The control unit is included in-line on the models HMEC 45/46 series, HMEC 25/26 series, and HMEC 460 series. An optional battery pack is available for the HMEC 350 series.



  • What is the maximum SPL of a dynamic microphone?

    It is a common saying that dynamic microphones just have no maximum SPL.
    This saying is not technically exactly correct but for every day use use of dynamic microphones you will not find gain limitations. At SPL levels above 160 dB some mechanical problems might occur (for example the voice coil might crash onto the magnet) but these SPL levels are very hard to find in real world.
    Here at Sennheiser we use dynamic microphones for distortion measurements on loudspeakers at very high sound pressure levels. At Sennheiser we have measured the SPL and THD inside a large 2" driver/horn combination with a MD 421. The max SPL this combination was able to produce was 150 dB and the THD level recorded by a MD 421 was below 1% (produced by the driver not by the mic)
    So as a conclusion we can state the MD 421 has no maximum SPL limitations for practical use. However if using dynamic microphones at high SPL levels a user should be aware that the very high voltage (up to several volts) delivered by the microphone might cause problems when connected to mic preamps.



ダウンロード