artist-img-wrapped artist-img
AAAMYYY X Sennheiser

注目の新進気鋭アーティスト AAAMYYYさん(以下エイミーさん)。独自の世界観が醸し出す、唯一無二の音楽が大きな支持を得ています。ソロボーカルのほかバンド活動も行い、トラックメイカーでもあり、楽曲提供も行っている才能溢れる人。そんなエイミーさんにゼンハイザーの愛用機器や新製品の印象などを聞いてみました。

MOMENTUM True Wireless 2

エイミーさんは普段どういったことをされていらっしゃるのですか?
シンガーソングライター、トラックメイカー、ボーカリスト、テンパレイというバンドでシンセサイザー、コーラスをやっています。

プロのミュージシャンとして活動されている中で、ゼンハイザーとのかかわりはどの様なものでしょうか?
ゼンハイザーさんはイヤモニIE 500 PROをライブで使わさせていただいています。あとはマイクですね。ノイマンやゼンハイザーさんの製品をいつもレコ―ディングで使っています。宅録をしているので、マイクやモニタースピーカーやヘッドホンを使っています。

今回は新製品のトゥルーワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless 2を聞いていただきましたがどのような感想をお持ちですか?
マスタリングの際にスタジオで聴いていた音に近く感じました。それは聞いてくださるファンの方にありのままの音楽を届けたいのでこだわりたい部分ですね。音質にこだわってイヤホンを選んで聞いていただくと、ミュージシャンの伝えたい音や世界観がもっと伝わると思います。

イヤホンは持ち歩いてさまざまなシーンで使用されるのでフィット感が重要になってくるのですがいかがでしたか?
違和感が無く自然に耳にフィットする感覚でした。

例えば満員電車の中でつけているときなど、ポロっととれてしまうような感じはありました?
しっかりと密着している感じがありましたね。

MOMENTUM True Wireless 2

MOMENTUM True Wireless 2にはノイズキャンセル機能がありますがいかがでしたか?
不快感もなく、静かな建物に足を踏み入れたという感覚ですね。電車とか飛行機とかではかなり良いと思います。ノイズキャンセルのないイヤホンで音楽を聞く人って、爆音になってしまって耳を傷めたりすることがあると思うのですが、ノイズキャンセルがあると程よい音量でしかも良い音で聞けるので耳にもやさしいと思います。

ノイズキャンセルのON/OFFで音質の違いは感じられました?
外の音が聞こえるか聞こえないかの違いだけでしたね。音質は良いままでした。

MOMENTUM True Wireless 2には外音取り込み機能があり、イヤホンを付けたまま外部の音が聞けるのですがいかがでした?
体験したことがない人に説明するとすれば、ドラマなどで外を歩いているシーンでバックグラウンドミュージックが流れるときは両方ともクリアに聞こえるじゃないですか、その感覚でした。
お買い物やカフェのレジなどでも、外音取り込み機能で外さなくてもよくて、わずらわしさがなくなると思うのですが?
最高ですね。

デザイン性に関してはいかかですか?
なめらかなフォルムなので他の会社の製品と比べると、かなり自分になじみやすいデザインかなと思います。

カラーは白と黒があるのですがエイミーさんだったらどちらを選びますか?
白はアクセサリー感覚でも楽しめるし、また黒もかわいいですね。

エイミーさんの中では身に着けるもののデザイン性は重要視されますか?
はい、します。やっぱり気に入ったものだけ、身に着けたいじゃないですか。

今後のアーティストとしての抱負はいかがでしょうか?
ゼンハイザーの製品で、リスナーの皆さんが良い音で聞ける環境がどんどん整ってくると思いますし、それに従ってアーティストも、より良い音をお届けしないとなと、そういう思いです。頑張ります。

この製品をどの様な方に使っていただきたいですか?
音楽が好きな人はもちろんですが、家事をしたりしている方だとか、色々なお仕事があると思いますが、どの場面にもすごくフィットすると思うので、音楽に興味ない方でもいい音で聞くことによって、新しい感覚や楽しさや興味が生まれるんじゃないかと思います。

最後にイヤホンを選ぶ時のポイントを教えてください。
イヤホンを選ぶときは音質を妥協せずに選んでほしいです。
ありがとうございました。

IE 500 PRO

IE 500 PROをライブで使用していかがでしたか?
テンパレイというバンドはロックバンドなのでダイナミクスがかなり多くて、歪んだりとかワーッと広がりがある場面で IE 500 PRO でモニタリングすると、それがいい感じに定位を分けて聞こえたというか、かなり聞きやすく耳に入ってきました。

広がりもLRもしっかりとらえられる感じですか?
そうです。

ひとつひとつのソースがしっかり見えてくるイメージですか。
そうです。

ほかのイヤホンと比べて定位感とか音質とかどのような印象ですか?
他の製品ではかなりつぶれてしまう部分があったのですが、ゼンハイザーを使ったら同じ音量感で聞いているのに、そういう歪みが全くなくクリアに聞こえます。

ライブでは正確なモニタリングが必要ですね?
そうです。私はコーラスもするのですが、ボーカリストは足元(フットモニター)から出しているので、割と時差があるというか、それもちゃんと聞き分けられるので、それに合わせてコーラスをすることができます。

つけ心地についてお聞きしたいのですが?
非常に軽いので、まとわりつく感じはほとんど無く、耳回りもすごく柔らかく作られているし、全然痛みがないのでほぼ付けていることを忘れて演奏しますね。

IE 500 PRO

遮音性に関してはどうでしょうか?
遮音性はかなり良くて、ドラムがシャンシャンいったりして中音がうるさい時もあるのですが、ほどよく遮音されるので、ちゃんとモニタリングができますね。

IE 500 PROはアーティストがライブで聞いている環境と近い音を聞きたい一般の方にもお勧めしています。正確に音を聞きたい方の要求に答える製品なのですがどの様な方に向いていると感じられますか?
アーティストさんとか音楽関係の人であれば、ちゃんと音の聞き分けをしたい人にかなりお勧めですね。一般の人だったら、これから楽器をやりたい人だとか音楽をやりたい人はもちろんだし、例えば英会話なんかでもすごくしっかりと細かい発音まで聞き取れるのではないかと思いますね。

スピーカーのことをお聞きする前に、ノイマンのことをどこでお知りになったのですか?
ライブの PA の人が私の声に合うマイクは何だろうねと話をしている時に、ノラ・ジョーンズが使っているらしいよ、みたいな,,,声質も割と似ていたりするので。使ってみようと思って買いました。

普段はヘッドホンで音楽制作されることが多いのですか?
家が和室でお隣さんがいる環境で、あまり大きな音を出せないので。あとは、ヘッドホンに慣れているというのもありますし、大体のリスナーさんもヘッドホンとかイヤホンで音楽聞かれていると思うので、それと同じ環境で作りたいと思っています。

ヘッドホン以外でモニターする環境もずっと必要だと思われていたのですか?
はい。そうです。

KH 80 DSP

KH 80 DSPはラインナップ中一番小さいモニタースピーカーですが聞いた感じはいかがでしたか?
もうなんか、びっくりするくらいいいですね。変なコンプとかあまりないので、すごくクリアに忠実にというか、出したい音がしっかりモニターできますね。

音楽制作は長い時間行うのですか?
一日平均して6,7時間は制作していますね。

ヘッドホンで6,7時間制作していた時と、スピーカーも併せて制作した時の耳の疲労感は変わりますか?
やっぱりずっと閉塞した環境にいると、メンタル的にちょっと落ちることもあり、そこでモニターにパっと切り替えると、あっ、作った音がやっぱりこういう感じで聞こえるのだな、いいな、みたいな。

モニタースピーカーは他のものを試されました?
はい、いろいろ試しましたね。

スピーカーを探すとき、どこかに行かれて聞いたりするのですか?
します。あとはレコスタとかで。

レコスタはどの様なスピーカーが多いですか?
G社とか、あとは意外とハードオフとかに売っている中古の年季が入ったものをわざわざ選んでモニターする人とかいますね。

より、みんなが聞いている環境に近いということですか?
あとは年を経ているので使いこまれて、いい音になっているらしいです。エンジニアさん曰く。

KH 80 DSP

制作するときは座ってされるのですか?
作業をするときはそうなのですけど、モニターで聞くときは部屋を歩き回ったりします。
このスピーカーは水平の指向性が非常に広いので、部屋中どこでも同じように聞こえます。

カラーは白と黒の2色があります。モニター用なのですが、リスニング用としても提案できるのではないかと思いますが、どのような方に勧めできるでしょうか?
ロックでもジャズでも、エンジニアさんは満遍なくレコーディングすると思うのですが、中性的にすべてを見たい人というか、どちらにも寄り過ぎずに音を判断したいエンジニアさんとか、ミュージシャンに是非使ってほしいですね。

一般のユーザーではどのような方にお勧めできるしょうか?
誰にでも使ってほしいのですけれども、、、例えば私の姉が子育てしながら、家で冬の間はお裁縫とか家事をやったりするのですが、使っているのがLINEのスピーカーでクローバーというかわいいやつなのです。子供が話しかけてそれにこたえて音楽を流すまでの。やっぱり音質が全然良くないというか。その環境でもし満足しているのであれば全然いいのですが、、、やっぱりゲームやテレビなど、日常的に聞く音楽をちゃんといい音で聞いている人がすごい少ないと思うので、なんかもう全員に使ってほしい。テレビ見る人とかゲームやる人とか是非。横にこうやって置いてほしいです。
ゲームをやる人にはいいかもしれませんね。
ゲームには無茶苦茶いいと思います。本当に!

ゲームをおやりになるのですか?
ゲーム最近やりだしているのですけど、、、デス・ストランディングをPS4で。

エンジニアさんサイドについてはジャンルも選ばないので正確なモニタリングをしたい方向け、一般ユーザーにはもっといい音があることを知ってほしいということですね。
そうです。

ゲームはきっと楽しくなりますね?
かなり楽しいと思いますよ!

最後にエイミーさんの今後の抱負、方向性をお願いします。
いい音で聞ける製品が、世の中にどんどん、どんどん流通していくと思うので、それに沿ったというか、よりそれを超えてゆくような、高音質で音楽を作っていくことが私たちの仕事なので、邁進してまいりたいと思います。
ありがとうございました。