CX 350BT

音質も遅延も途切れにくさにもこだわるあなたへ
~完全ワイヤレスだけが選択肢ではない~

CX 350BTは外出先で最高のサウンドを聴く為に最適なワイヤレスイヤホンです。
Bluetooth5.0、AACやAptX™ Low Latencyなどの最新のワイヤレス技術により、CX 350BTは最上のリスニングエクスペリエンスをご提供します。
専用アプリ「Smart Control」によるEQのカスタマイズやファームウェアアップデート、スピーチに特化したポッドキャストモードへの切り替えが行なえます。

¥ 12,870.00
incl. VAT plus

CX 350BT
¥ 12,870.00
incl. VAT plus

伝統のゼンハイザーサウンドはそのままに、1.5時間の充電で10時間連続使用可能な安心のバッテリーライフ。
更にBluetooth5.0 & Class 1を採用、電波出力も余裕の10mwで接続が途切れにくい。通勤や通学でも安心して利用可能。

AAC、Apt-Xコーデックに対応し、スマートフォンのOSを問わず質感高い再現力を発揮。
また、Qualcomm社の低遅延コーデック「aptX-LL」に対応し、動画鑑賞やゲームプレイ時に音声が遅れにくくストレスフリー。
マルチポイント機能により複数のデバイスの音声を同時に待ち受けすることも可能。

紛失しにくい左右一体形状を採用。ショッピングのレジなどでイヤフォンを外し、そのまま肩掛けできてストレスフリー。
あなたにぴったりのサイズで快適な装着感を提供可能な4サイズのイヤーピースを同梱する他、
専用アプリ「Smart Control」にも対応。EQのカスタマイズやファームウェアアップデート、スピーチに特化したポッドキャストモードへの切り替えが行なえます。


ご提供内容

ゼンハイザーSmart Controlは、無料のアプリで、多くのiOSおよびAndroidシステムと互換性があります。
このアプリは、ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、韓国語、日本語、中国語の8言語で利用できます。

Android
バージョン8.0 and up
Get it on Google PlayAndroid, Google Play and the Google Play logo are trademarks of Google LLC.
iOS
バージョン13.0 and up
Download on the App StoreApple, the Apple logo and iPhone are trademarks of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries and regions. App Store is a service mark of Apple Inc.

同梱物

  • CX 350BT
  • イヤーアダプターセット(XS/S/M/L)
  • USB-Cケーブル
  • クイックガイド
  • 安全のしおり

仕様

  • インピーダンス
    28 Ω
  • マイクロホン
    MEMS, 単一指向性
  • 周波数帯域
    17 - 20,000 Hz (- 10 dB)
  • 感度
    110 dB (1 kHz/0 dB FS)
  • 全高調波歪(THD + N)
    0.5 % (1 kHz, 100 dB SPL)
  • イヤカップ形状
    イヤーカナル型
  • トランスデューサー原理
    ダイナミック
  • 本体重量
    13 g
  • USB規格
    Type C
  • 動作時間
    10 h, SBC
  • イヤーパッドの素材
    生体適合性シリコン
  • 対応プロファイル
    A2DP, AVRCP, HSP, HFP
  • Bluetooth バージョン
    5.0
  • コーデック
    SBC, AAC, AptX™, AptX™ 低遅延

ダウンロード

  • クイックガイド
  • セーフティガイド
  • EU適合宣言書
    • EU Declaration of Conformity - CX 350BT | IE 100 PRO Wireless | IE PRO BT Connector (300 KB) ダウンロード

  • 操作マニュアル
  • Manufacturer Declaration
  • リチウムイオンバッテリーの輸送に関する情報
    • Transport information for Lithium-Ion batteries (570 KB) ダウンロード

      Revision Date: 2020-02-09 Revision Number: 1.0