müllermusic: 未来を見据えたデジタル・ワイヤレス・テクノロジーにゼンハイザー Digital 6000導入事例

チャレンジ

最近のスペクトル割り当ての進展により、プロのプロダクションで利用できる周波数スペクトルは減少の一途をたどっています。müllermusicのようなイベントサービスプロバイダーは、機器をアナログからデジタルワイヤレス技術に順次変換していくことで対応していく必要があります。

ソリューション

その第一歩として、müllermusicは2017年春にEM 6000の2チャンネルレシーバー4台とハンドヘルド型トランスミッター8台、ボディパック型トランスミッター8台を導入しました。これらは既存の機材を補完するもので、使い勝手の良さはもちろんのこと、何よりも優れたサウンドに同社のサウンドエンジニアは大喜びしました。

"ゼンハイザーのデジタルワイヤレス技術はインターモジュレーションが無く、Digital 6000シリーズは私たちの要求に完全に適合しています"

- Stefan von Polheim, müllermusic プロジェクトマネージャー -

müllermusic Veranstaltungstechnik GmbH & Co. KGは、ゼンハイザーDigital 6000ワイヤレスシステムへの投資を選択しました。この先駆的なワイヤレス技術は、2000およびevolutionワイヤレスシリーズの同社製品に追加されたもので、ゼンハイザーのインイヤーシステムと並行して運用されます。

  • Customer müllermusic Veranstaltungstechnik GmbH & Co. KG
  • Products installed 4 x EM 6000 DANTE 2チャンネルレシーバー 8 x SKM 6000 ハンドヘルド送信機 8 x SK 6000ボディパック・トランスミッター
  • Website http://www.muellermusic.com/
  • Country ドイツ
  • Industry プロのイベント技術
  • Profile ケルンを拠点とするmüllermusic Veranstaltungstechnik GmbH & Co. KGは、オーディオ、照明、ビデオ、会議、ステージ技術に特化したフルサービスプロバイダとしてヨーロッパ全域で活動しています。

「ゼンハイザーの製品はすでに長い間使用しており、デジタル・ワイヤレス・チャンネルに投資したいと考えたとき、ゼンハイザーに戻ることは当然のことでした」と、müllermusicのプロジェクト・マネージャー、Stefan von Polheim氏は説明します。「ワイヤレスオーディオ伝送に関して言えば、未来はデジタルであることは間違いありません」と説明しています。

2017年春から、müllermusicは4台のEM 6000 2チャンネルレシーバーを所有しています。イベントで複数の2チャンネルレシーバーを使用する場合、これらをデイジーチェーン接続してアンテナを共有できるようにすることができます - 外部アンテナスプリッターは必要ありません。

Müllermusicは、Danteインターフェースを備えたEM 6000レシーバーを購入しました。この広く使用されているネットワークプロトコルは、レシーバーを同社のデジタルコンソールに接続する必要がある場合に定期的に使用されます。Digital 6000システムは、2チャンネルレシーバーで直接操作するか、ゼンハイザーのWireless Systems Managerソフトウェアを介してリモートで操作します。

müllermusicでは、各2チャンネルレシーバーに2台のSKM 6000ハンドヘルド・トランスミッターと2台のSK 6000ボディパック・トランスミッターが割り当てられているため、最大限の柔軟性が確保されています。美しくデザインされたハンドヘルド型トランスミッターは、主にMD 9235カプセルと組み合わせられています。Stefan von Polheim氏:「全体的に見て、デジタルSennheiserシステムは非常にリニアなサウンドを生み出し、ミキシング中にイコライザーを使用する必要がアナログのワイヤレスコンポーネントの場合よりも少なくなりました」

ゼンハイザーDigital 6000システムの特に優れた点は、送信周波数を等間隔に配置できることで、周波数プランを簡素化し、最終的にはアナログワイヤレスシステムよりもはるかに多くのチャンネルを、同程度の周波数帯域にプランできることを意味します。「これは他の追随を許さない利点です」とStefan von Polheim氏は述べています。「ゼンハイザーDigital 6000システムをアナログワイヤレスチャンネルと混合して使用しても、周波数プランに関してはデジタルシステムとみなすことができます。それは他のメーカーの製品と比べても大きなアドバンテージになります」