課題:100人以上の人に直接コミュニケーションの恩恵を受けさせる方法

チャレンジ

毎朝、フランスの電力会社EDFのチームリーダー30人が集まり、ブリーフィングを行いました。その後、彼らはチームにニュースを共有しました。EDFは、このコミュニケーションプロセスをより迅速かつ効率的なものにしたいと考えていました。

ソリューション

EDFは、ゼンハイザーの革新的なシステムであるTeamConnect Ceilingの中に、参加者がオーディオリンクを介して朝のブリーフィングを聞くことができ、すべての関連情報をライブで直接得ることができる直接コミュニケーションのためのシステムを発見しました。

“今、私たちは皆、新しい情報をすぐに手に入れるためにライブで聞いて、すぐに仕事に行けるようになりました。”

- Richard Lespiat, RT Events 技術サプライヤー代表-

  • Customer フランス電気公社 (EDF)
  • Products installed TeamConnect Ceiling
  • Website https://www.edf.fr/
  • Country フランス
  • Industry 発電・送電・配電、エネルギー産業
  • Profile Électricité de France (EDF) は、フランス国家が大部分を所有しパリに本社を置く、フランスの電力会社です。

フランスのエネルギー会社EDFの巨大な敷地内では、毎朝30人の社員が中央のビルに集まり、タスクや開発状況についてのブリーフィングを行っていました。その後、それぞれのビルに集まってチームにニュースを伝えなければなりませんでしたが、この作業は時間のロスを意味し、途中で詳細がわからなくなるリスクがありました。 そこでEDFのITサービスは、数エーカーの広大な敷地を持つ会社の全員に日々のタスクや情報を伝えるための、より近代的で直接的な方法を見つけるという課題を与えられました。

いくつかの調査の結果、ITの専門家と技術者は、ゼンハイザーが開発した分散型チームミーティングのための最新の技術革新であるTeamConnect Ceilingを紹介されました。技術サプライヤーであるRT Eventsの代表であるRichard Lespiat氏は、会議室の天井に29個の無指向性マイクを組み合わせたこの新開発の組み合わせを2台設置しました。メインスピーカーを自動的に識別するビームフォーミング技術により、最大100名までの異なるビルからの参加者が、ウェブベースのオーディオリンク(LYNC)を介して説明会に参加し、ライブで聞くことができるようになりました。

小規模な立ち上げの困難さにも迅速に対応します

40平方メートルの大会議室では、30人が対面で会議に参加し、100人以上が接続されているため、音響が課題となっていました。明瞭度を高めるために、部屋の四隅に設置されたゼンハイザーのSL 52 AWラウドスピーカーをTeamConnect Ceilingに接続しました。Richard Lespiat氏は満足していました。「結果として、非常に自然な音で聴こえるようになり、参加者同士の理解を深めることができるので、非常に喜ばれています」しかし、欠点もありました。「スピーカからの音響的なサポートは、時々、パチパチと音がする事務処理やボールペンをクリックする音が、外から聞く人のヘッドフォンの中で迷惑になることを意味していました」 しかし、EDFはこの問題を解決するために、印刷資料やシートを廃止するという巧妙で現代的な解決策を見つけました。現在、会議室では、デジタルメモ帳とノートパソコンやタブレットのファイルのみが使用できるようになっています。

使いやすく、目に見えないシステムは、ケーブルや充電式マイクの代わりになります

TeamConnect Ceilingの目に見えない美しさによって、EDFは、充電や定期的なメンテナンスが必要なテーブルやマイクを塞ぐケーブルを取り除くことができました。会議室は24時間365日営業しているため、技術者たちは、TeamConnect Ceilingのコンポーネントがすべて部屋にしっかりと固定されており、取り外すことができないことを高く評価しています。

みんなが大好きな新システムのもう一つの財産。扱いが非常に簡単です。すべての従業員が自発的に使用することができ、技術者がセットアップを手伝う必要はありません。EDFは、従業員が簡単な操作と天井マイクの完璧な機能に積極的に驚いていることを報告しています。「我々は、製品についての単一の苦情を聞いたことがない - 実際には、誰もがそれを非常に幸せであり、人々はそれがどのように動作するかを私たちに尋ね続けています」

チームコネクトの天井は、2つ目の、さらに広い会議室をキャプチャします

EDF は新しいコミュニケーションソリューションに感銘を受け、別の会議室のために TeamConnect Ceiling を購入しましたが、その部屋は非常に大きく、3 つの天井モジュールが装備されていました。部屋の両側にある2つの大きな机には、それぞれ3つのSpeechLineグースネックマイクが取り付けられていました。近くのオフィスにあるマネージャーと秘書の机には、優先音声オプション付きのSpeechLineマイクが設置されており、彼らがオフィスから会議に参加して貢献したいと思ったときに、会話が進行している間、いつでも貢献できるようになっている。ここでもEDFは、LYNCソフトウェアを使用して外部から参加者を招待することがあります。

TeamConnect Ceiling

TeamConnect Ceiling

会議を次の次元へ。
ゼンハイザーの新しい会議ソリューションは、シーリング(天井)マイクロホンに自動ビームフォーミング技術を搭載しています。 さらに詳しく