Casa Rosada

コード化された新たなSLDWシステムで、通信の混雑した都市部における送信の問題を解決

課題

ブエノスアイレスの中心に位置するアルゼンチン政府は、オーディオ技術に関して長年課題を抱えていました。周囲には企業のオフィスビルが林立し、同じ標準帯域幅のオーディオシステムを利用していたため、深刻な干渉が発生していたのです。これにより重要な記者会見すらスムーズに行えないケースが頻発していました。

ソリューション

政府の技術者たちは、解決策としてゼンハイザーのSpeechLine Digital Wirelessシリーズ(SLDW)に注目しました。エレガントな設計の同システムを採用したことで、政府は音声信号の伝送における障害から解放され、アルゼンチン市民とスムーズかつシンプルにコミュニケーションをとれるようになったのです。

コード化された新たなSLDWシステムで、通信の混雑した都市部における送信の問題を解決

「新しいSLDWシステムは、あらゆる問題を一挙に解決しました。時代を超越したエレガントかつ完璧な機能性を備えており、技術的にあらゆる面で優位なシステムです」

- Ing. アルフレッド・ディ・トマソ、オーディオビジュアル制作ユニット テクニカルマネ-ジャー -

アルゼンチンの大統領官邸「カサ・ロサダ」は首都ブエノスアイレスの中心に位置しています。そこはオフィスビルや高層ビルが林立する地域で、それゆえに膨大な数のオーディオシステムが同じ帯域幅を使用しており、伝送時の深刻な干渉の原因となっていました。記者会見や重要な会議が行われるたびに、政府の技術者は苦戦を強いられていました。同国政府における技術責任者の1人であるアルフレッド・ディ・トマソ(Alfredo Di Tomaso)氏は「以前から数年にわたってゼンハイザー製品を使用しており、その機能性や伝送品質は非常に気に入っていました」と振り返ります。「ですが残念なことに、システムが干渉から保護されていたわけではありませんでした。そして当然ながら、大統領やアルゼンチン政府職員による公式発表で、音声に障害やノイズが入ることは許されません」。

  • Customer カサ・ロサダ
  • Products installed SpeechLine Digital Wireless
  • Website https://www.casarosada.gob.ar/
  • Country アルゼンチン
  • Industry 政府
  • Profile カサ・ロサダは、アルゼンチンの大統領官邸として行政権が執行される施設です。「カサ・ロサダ」という愛称は淡いピンク色をした特徴的な外見に由来しており、ブエノスアイレスを象徴する建物として知られています。 アルゼンチン政府の技術者たちは、政府にふさわしい高音質なオーディオシステムを見つけるという課題に直面していました。会議室で行われる記者会見や記者発表において、品質の高い音声システムを利用し、一切の障害なしに音声を伝送することが求められていました。それまでのゼンハイザー製品の優れた体験をもとに、ディ・トマソ氏は同僚らと共にアルゼンチンにおけるゼンハイザーの正規代理店であり、同国政府で長年システムインテグレーターを担当してきたARS社に相談を持ちかけました。そして同社が推奨したのが、ゼンハイザーの新しいSpeechLine Digital Wireless(SLDW)シリーズです。同シリーズはDECT技術を搭載しており、飽和状態の標準帯域幅をあまり使用しません。

アルゼンチン政府の技術者たちは、政府にふさわしい高音質なオーディオシステムを見つけるという課題に直面していました。会議室で行われる記者会見や記者発表において、品質の高い音声システムを利用し、一切の障害なしに音声を伝送することが求められていました。それまでのゼンハイザー製品の優れた体験をもとに、ディ・トマソ氏は同僚らと共にアルゼンチンにおけるゼンハイザーの正規代理店であり、同国政府で長年システムインテグレーターを担当してきたARS社に相談を持ちかけました。そして同社が推奨したのが、ゼンハイザーの新しいSpeechLine Digital Wireless(SLDW)シリーズです。同シリーズはDECT技術を搭載しており、飽和状態の標準帯域幅をあまり使用しません。

圧倒的な音質と使いやすさ

同システムを数日間にわたってテストしたところ、その完璧な機能にすぐさま官邸の全員が感銘を受けたといいます。ディ・トマソ氏は「これこそが私たちの望んでいたシステムであるとすぐに実感しました」と当時を振り返っています。製品の音質と実用性があまりにも圧倒的だったため、同政府はトレーニングや会議、政府機関の活動などを行う官邸内の他の6部屋にも、同シリーズのモバイルユニットを追加発注しています。

そしてエレガントで堅牢な設計

政府の責任者らは、日常的に酷使することも想定し、技術的に安定した堅牢なシステムを求めていました。そんな中、彼らの心を捉えたのがSpeechLineシリーズの完璧かつシンプルな機能性だけでなく、時代を超越したエレガントな設計でした。「自分たちのオーディオ機器について、良い第一印象を与えたいという点も考慮しました」とディ・トマソ氏は述べています。「ゼンハイザーのハンドヘルド型デバイスを使って記者会見で質問をするジャーナリストは、必ずその素晴らしい設計に感銘を受けるものです」。

ストレスの多い技術者に安心感を

カサ・ロサダの職員は忙しく、気の休まらない仕事に追われることが少なくありません。そんな職員にとって、送信機と受信機の同期がしやすいSLDWシリーズは魅力的です。また、必要に応じて、機器を突発的にどこへでも移動させることが可能です。「直前になって部屋を変えるというのはよくあります。政府の日常業務では、たとえ専門家でなくとも、いつでも機器を簡単に取り扱えることが重要になります」。

さようなら、バッテリー。こんにちは、USB

使い捨ての9Vバッテリーは、もはや過去のものとなりました。SLDWはmini-USBで充電を行います。現代のトレンドにあったこの新たなソリューションは、カサ・ロサダにとって環境面でも技術予算の面でも意義深いものです。「こういったすべての資産を組み合わせることで、SLDWシリーズはあらゆる面で素晴らしいソリューションとなっています」とディ・トマソ氏は語ります。「ゼンハイザーは、絶対的な信頼をおけるパートナーなのです」。

SpeechLine Digital Wireless

SpeechLine Digital Wireless

シンプリシティを体験。SpeechLine Digital Wirelessはゼンハイザーのワイヤレスマイクロホンシステムの「スタンダード」として、最高のスピーチ明瞭度と卓越のサウンドクオリティをお約束します。 さらに詳しく