2020年はゼンハイザーが75周年を迎える特別な年です!
この特別なアニバーサリーを従業員、お客様、友人、そしてフォロワーの皆様と一緒にお祝いしたいと思っています。これまでの実績や素晴らしいプロジェクトの数々を成し遂げられたのは、皆様のお力添えのおかげだからです。

親愛なるゼンハイザーユーザーの皆様、

私達は現在、新型コロナウィルスの急速な広がりによる様々な影響を受けております。
残念ながら、いつ平常な生活に戻ることができるかが明らかでない国が沢山あります。

このような状況下において、健康であること、平穏であることが一番重要です。
ゼンハイザーグループ全体ではさまざまな予防策を講じ、実施しております:テレワークの実施による感染防止対策は工場や研究開発部門を含む全社員において実施しています。勿論、各国の規制や方針に基づき行っております。こうしたグローバルでのコロナウィルスの拡散を抑える取り組みを支持し、ゼンハイザーストアの営業を一時的に休業することに致しました。

このような困難な状況でありますが、ゼンハイザーチームは今まで以上に結束しています。ホームオフィス、小規模でのオフィスワーク、生産におけるシフト分散 - どのような環境下においても私達は最良のオーディオ製品を提供し特別なサウンド体験を創造し続けています。そしてその製品は各種オンラインストアでご購入頂けます。ご質問やサポートのご依頼につきましてもオンラインにて承っております。
現在、豪華アーティスト陣によるストリーミングライブを実施しています。#DontStopTheMusic このポジティブなメッセージをより多くの皆様に届けられたら嬉しいです。
ライブ放送は無料ですが、新型コロナウィルス撲滅に貢献されたい方は是非WHOをご支援ください。
今後の新製品情報などについても日々アップデートしてきます。各種詳細情報や最新ニュースなどにつきましてはニュースページをご参照いただけますようお願い致します。

ゼンハイザーチーム一同、皆様の健康と安全をお祈り申し上げます。

Dr. Andreas Sennheiser and Daniel Sennheiser
Co-CEOs, Sennheiser

75年間の軌跡

今月のゼンハイザー史-2009年1月

今月のゼンハイザー史–2009年1月、ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)にて、オーディオマニア向けの最高峰ヘッドホンとして名高いHD 800を発表しました。昼夜を問わず、クリスマス休暇さえも犠牲にして働き詰めだったエンジニアたちがヘッドホンを完成させたのは、開催地に送るのにギリギリ間に合うタイミングでした。
しかし輸送時のトラブルでヘッドホンが紛失。ヘッドホンがラスベガスに届けられることはありませんでした。最後の手段としてプロダクトマネージャーは手元に残っていた3つのヘッドホンをスーツケースに詰め込んでショーに向かうことに。超貴重品とはまさにこのことです…。

CES初日、ヘッドフォンを試したHead-Fiの創設者Jude Mansillaが最高のレビューをブログに載せたところ、彼のサーバーはクラッシュし、SennheiserのCESブースにも大きな反響がありました。
オーディオマニア向けの礎石となるHD 800を発表できたことも含め、ベガスではすごいことが起こるものです。

今月のゼンハイザー史-2009年1月

#SENNHEISER75

皆さんにもクルーの一員として、ゼンハイザーとの一番の思い出を写真や動画でInstagram、Twitter、またはFacebookにハッシュタグ*Sennheiser75を付けてシェアしていただけると嬉しいです。当社のチャンネルで紹介されるかもしれませんよ!

無料のオンラインウェビナー #DontStopTheEducation

無料のオンラインウェビナー #DontStopTheEducation

Sennheiser Sound Academyとゲストによるプレゼンテーション さらに詳しく