VRムービーのための AMBEO

VRムービー体験を本格的なものにする為に欠かせない没入感あふれるサウンド

バーチャルリアリティーのムービーに本物の没入感を求めるなら、空間音響は必要です。没入型コンテンツには、VR ゴーグル、お気に入りの Web ブラウザ、YouTube 360 あるいは Facebook 360 に向けたものがありますが、空間音声の善し悪しで、見る人がバーチャルリアリティーの魔法に掛かってしまうこともあれば、逆に覚めてしまうこともあります。ゼンハイザーなら、お客様の独創的なアイディアに聞く人を包み込むサウンドトラックを加えられます。

ワークフロー

artist-img-wrapped artist-img

ブループリント

収録

すべてのビデオ製作に当てはまることですが、それが良い作品になるかどうかの鍵は正確な録音が握っています。従来のマイクがバーチャルリアリティーの製作においても重要な役割を担っているとはいえ、空間マイクロフォンを使って360°度全周囲のアンビエンスをとらえて補強する必要があります。
これこそゼンハイザーAMBEO VR Mic の役目です。 1 つの小型マイクロフォンでも、アンビソニックスの原理を利用することで、一点から360 度完全な球状に空間の音声をとらえられます。それはつまりその場にいたら聞こえるであろう音を正確に収録するということです。
簡単そうに聞こえますが、位置とレベルに関してアンビソニックス信号を正しく記録するよう注意する必要があります。エラーの中にはポストプロダクションにて修正できないものもあるのです。フィールドレコーダーにAMBEO VR Mic モードが搭載されていれば、この作業が格段に楽になります。
現場では、VR Mic をワイヤレスラベリアマイクなど通常のマイクロフォンと組み合わせて使うことが多くなるでしょう。そうすることでポストプロダクションの自由度が高まり、ミキシングエンジニアが最終的な音響体験を調整できる幅が広がります。

収録

ミキシング

DAWとツールチェーン
バーチャルリアリティームービー向けミキシングは、マルチチャンネルトラック(具体的には 1 トラックに 4 チャンネル以上)に対応している大半の標準的 DAW(Digital Audio Workstation) で行えます。たいていのVRムービーの配信は― AMBEO VR Mic による録音も含めて―アンビソニックス形式なので、ミキシングプロセスにはアンビソニックスツールチェーンを選択しなければなりません。選択できるツールは、DearReality の dearVR ツールチェーンや無料の Facebook 空間音声ワークステションなどたくさんあります。

推奨されるミキシングパラダイム
記録されたアンビソニックス信号をベースのアンビエンスとして使い、そこにワイヤレスマイクなど従来のマイクからの信号やフォーリー音を加えることで、強調された最終ミックスを作り上げられます。

フォーマットの変換
すべてのアンビソニックスツールチェーンの動作フォーマットは B-フォーマットなので、まずはゼンハイザーのA-B format converterを使って AMBEO VR Mic の信号を B-フォーマットに変換する必要があります。

空間化
通常のマイクロフォンが収録した追加音源は空間的に正しい位置からきたものあるだけでなく、映像やアンビエンスに合うように空間化する必要があります。このステップは選択したアンビソニックスツールチェーンが行います。

モニタリング
ミキシングにおいてアンビソニックスミックスのモニタリングは大切です。とはいえそれを聞くためにはアンビソニックスをデコードしなければなりません。VRムービーはヘッドフォンで楽しむことが多いので、バイノーラルレンダラーを使いましょう。一番良いのはコンテンツを伝送したいプラットフォームやデバイス上でバイノーラルレンダラーを使ってモニタリングすることです。

アンビソニックスで作業を行う際の注意点
アンビソニックスは音場を記述したものですので、アンビソニックス信号の構成トラックそのものに決して手を加えないでください。アンビソニックス信号を修正したいときは、必ずアンビソニックスのミキシングツールとエディタツールを使ってください。標準的なマルチチャンネルミキシングツールを使って変更を行う際は、必ず 4 つチャンネルすべてに平等に変更を適用しなければなりません。そうしないと、アンビソニックス信号の空間イメージを変えてしまう恐れがあります。

配信

アンビソニックス B-フォーマットはムービーのバーチャルリアリティーに適した音響フォーマットです。すべての主要なVRムービー配信プラットフォームは、YouTube やFacebook をはじめとするアンビソニックス B-フォーマットに対応しています。

没入感あふれる 3D 音声つきの 360 度動画としてファイルがきちんと視聴できるようにするためには、どのプラットフォームでもファイル自体のメタデータが必要で、それぞれに独自のファイル形式の仕様があります。利用するサービスについての書類を確認してください。

自分のアプリやカスタムプラットフォームに配信する場合は、アンビソニックスのデコードディングにも対応していなければなりません。

ニュースレター

下記のAMBEOニュースレターに登録して、新しいリリース、没入型オーディオのニュース、特別オファーなどの最新情報を入手しましょう。プラグインサポートについては、forumをご覧ください。その他のお問い合わせ、コラボレーションのご提案については、[email protected]までメールでお問い合わせください。