ポール・ゲルーゾ

AMBEOエキスパートストーリー

Paul Gelusoは、ミックスエンジニア、マスタリングエンジニア、プロデューサー、ミュージシャンとして、何百もの音楽と映画のタイトルにクレジットされています。作曲家、サウンドデザイナーとして、彼の作品はニューヨーク州芸術評議会やMeet The Composerの支援を受けて、国際的に展示されています。

NYUでは、ゼンハイザーのツインマイクが発売されたときからAMBEO cubeを使用しています。コンサートホールや教会、スタジオでのライブ演奏をこの高音質な3Dオーディオ技術で収録しています。私たちは9.1chのフルレンジのシステムを使ってモニターしており、一般的に各マイクの信号はそれぞれ1つのスピーカーに送られます。そのため、左、右、左サラウンド、右サラウンド、左ハイト、右ハイト、左ハイトサラウンド、右ハイトサラウンドの8チャンネルキューブに加え、専用のセンターチャンネルを設けて作業を行っています。サブウーファーの信号もセンターチャンネルから派生させることができます。サポートマイクの信号は、適切な時間遅延を使用して、不要なコムフィルタ効果を防ぐために、キューブ信号とうまく混合することができます。

„キューブは没入型リスニング環境での再生時に非常にエキサイティングな3D音像を実現します。“
ポール・ゲルーソ

ニューヨーク大学では、トンマイスターの授業や現在進行中の研究プロジェクトのために、高解像度の3Dサウンドを収集するためにキューブシステムが広く使用されています。NYUで使用されているTetrahedralとZマイクベースの技術に加え、キューブは3Dオーディオの標準となっています。

一般的な間隔マイクペア(ABとして知られる)ステレオ録音技術の延長として、キューブは、ステレオ、サラウンド、ハイトフィールドの離散レベル、音色、到達時間情報を非常に柔軟に捕らえる能力を持ち、それがキューブの特徴にもなっています。また、各ツインマイク信号のポーラーパターンをライブまたはポストプロダクションで簡単に調整できるため、エンジニアはマイクを交換したり移動したりすることなく、直接音と拡散音の配分を細かく調整することができます。キューブは、没入型リスニング環境での再生において、非常にエキサイティングな3D音像を実現します。バーチャルな音像、広がり、音質を実現する可能性を持っています。

ポール・ゲルーソについて

ポール・ゲルーソは、ミックスエンジニア、マスタリングエンジニア、プロデューサー、ミュージシャンとして、何百もの音楽と映画のタイトルにクレジットされています。作曲家、サウンドデザイナーとして、彼の作品は、ニューヨーク州芸術評議会やMeet The Composerの支援を受けて、国際的に展示されています。現在、ニューヨーク大学の専任教員として、3Dサウンドキャプチャーとポストプロダクションの手法を開発し、高さチャンネルをサラウンドシステムに統合しています。Harvestworks Digital Media Arts、Outpost Digitalでチーフサウンドエンジニアを務め、Bard Collegeとジョンズ・ホプキンス大学ピーボディ音楽院で客員教授を務めています。ニュージャージー工科大学で電気工学の理学士号を、ニューヨーク大学で音楽技術の修士号を取得し、AES学会の正会員でもあります。

ポール・ゲルーソについて

ラウドスピーカーのエキスパート・ストーリー

ポール・ゲルーゾ

Paul Gelusoは、ミックスエンジニア、マスタリングエンジニア、プロデューサー、ミュージシャンとして、何百もの音楽と映画のタイトルにクレジットされています。作曲家、サウンドデザイナーとして、彼の作品はニューヨーク州芸術評議会やMeet The Composerの支援を受けて、国際的に展示されています。

マウゴルザタ・アルビンスカ

マウゴルザタ・アルビンスカ=フランクは、ポーランドのサウンドエンジニア、音楽プロデューサーです。ワルシャワのFryderyk Chopin音楽アカデミーで音楽制作とサウンドデザインを学ぶ。1989年に高校を卒業後、フリーランスのサウンドエンジニア、レコーディングマネージャー、音楽プロデューサーとして、ワルシャワを皮切りに、スイス、ドイツでキャリアをスタートさせました。1993年からは、スイスのバーゼルにあるFHNW音楽アカデミーで録音技術を教えており、現在も同校に在住しています。

ブノワ・ジルグ(Benoît Gilg)

ブノワ・ジルグはまだ若いですが、すでに人生の半分以上は音響の仕事をしています。パリのフリージャズ界の新星とチームを組み、Akosh.S Unitのレコーディングでキャリアをスタートさせた後、Mireille MathieuとJuliette Grecoのツアーでモニターミックスを担当し、自分の視野を広げることを決意しました。こうして彼は、適応するためのある種の資質を身につけました。

ダン ショア

3度のグラミー賞にノミネートの経験があるダニエルショアーズは、アシスタントエンジニアとしてキャリアをスタートし、エンジニアとなりました。そして、Sono Luminusレコードレーベルのヘッドとなりました。会社が再編しつつあるなか、ダニエルは自分が最も好きなこと、つまりエンジニアリングすることに戻りました。ダニエルはいつでもサウンドを愛し、可能な限り最もピュアな音楽のレコーディングをすることを目指しており、リスナーに音楽との最も魅力的なインタラクションを提供しています。

について ジョルジュ・モハイ(György Mohai)はサウンドエンジニア、ミキシングエンジニア、およびサウンドデザイナーとして、ハンガリー・ブダペストを拠点に活動している。ハンガリーの次世代サウンドエンジニアの第一人者である。幼い頃から音楽を学び、ハンガリーの著名音楽家たちの中等教育の場であるKőbánya Conservatoryのジャズボーカル学部に進学した。2010年にはブダペスト演劇映画アカデミーでサウンドディレクター学士号を取得。現在は同学で講義も行っている。

ウルリケ(シュワルツではありません)アンデルソンはラジオ、TV、録音業界で活躍するサウンドエンジニアおよびプロデューサー。手がけた録音はドイツおよび海外で数々の賞にノミネートおよび輝いている。主な受賞およびノミネート歴にEcho Klassik(エコー・クラシック)賞2回、Preis der Deutschen Schallplattenindustrie、Ars Acoustica、Diapason d’Or、グラミー賞候補などがある。

Sign up for the newsletter and join the AMBEO Community

If you have any feedback or comment on AMBEO Music Blueprints, or want to share your experience and be featured in an Expert Story, please contact us.

*The marked fields are mandatory

Image Credit: Nicolas Büchi / ZHdK Cast

Newsletter subscription