パスカル・リューフ

AMBEOエキスパートストーリー

パスカル・ルエフは、ディレクター、詩人、3Dサウンドエンジニア。過去15年間、彼はバイノーラル制作のあらゆる側面を扱ってきました。科学者、アーティスト、技術者とのコラボレーションにより、第二次世界大戦、ランボーの「イルミネーション」、チェルノブイリに関するいくつかのシリーズを制作していています。

バイノーラル録音には、2€のエレクトレットマイクカプセルを耳に装着する方法から、2万5000€の高品質なダミーヘッドを使用する方法まで、さまざまなアプローチがあります。その意味で、早くからノイマンのバイノーラルというフォーマットを信じていたことは幸運でした。KU 100は、プロフェッショナルなサウンドレコーディングに理想的なツールを作り上げたのです。
KU 100は、オーディオストリームのHRTF(耳の音響特性に起因するフィルター効果)特有の問題である音色の変化を容易に処理できるため、今日、リファレンスシステムとしての役割を担っています。KU 100の出力は自然な音を提供し、制作者は立体的な音像の構成に集中することができます。この透明感のあるメディアは、まったく新しい可能性を切り開くものです。数十年の経験を持つ音の専門家が、臨場感や動き(どんなに小さくても)、複雑なサウンドスケープを簡単に再現できることを発見するのは、とても心強いことです。

„KU100のシンプルなステレオフォニック・フォーマットで、包括的で繊細なサウンド体験ができるのです“
パスカル・リューフ

ヘッドセットが標準的な聴き方になって以来、ネイティブ・バイノーラル方式は、聴き方の本質に立ち返ることを可能にしてきました。どんなリスナーでも簡単に体験でき、私たちが生まれたときからバイノーラルで聴いていたことを再発見することができるのです。そして、生まれたときから、私たちは音の複雑さを解釈する能力も持っているのです。

音に携わる者にとって、聴覚は親密さへの驚くべき入口なのです。Agence du Verbeは、ネイティブのバイノーラルフォーマットを使って、散歩、ショー、美術館巡りなど、ヘッドフォン向けのオーディオ体験を制作しています。私たちは、非常に個人的でありながら、同時に共同的な(「二人だけの」)体験を作り出します。聴き手は、録音されたダミーヘッドと同じ時間、同じ場所にいるような感覚を覚えるかもしれません。このような自己中心的な視点も、現代にマッチしています。聴覚はしばしば外界、環境の感覚であり、原初の脳や感情の根源とつながっています。ヘッドフォンだけでリスナーを別世界に「オーディオトランスポート」するのは魅力的です。そして、それは非常に効果的です。
この素晴らしいフォーマットを通じて、一般の人々は、歴史、非物質的遺産、あるいは現実か架空かにかかわらず、通常ではアクセスできない世界を探索することができます。そのアプローチは、ドキュメンタリー的(リアリズムによる)であり、詩的(センセーションによる)でもあるのです。

パスカル・リューフについて

パスカル・リューフは、映画監督、詩人、3Dサウンドエンジニア。過去15年間、彼はバイノーラル制作のあらゆる側面を扱ってきました。科学者、アーティスト、技術者とのコラボレーションにより、第二次世界大戦、ランボーの「イルミネーション」、チェルノブイリに関するいくつかのシリーズを制作しています。パリの国立視聴覚研究所(INA)の職業訓練のためのバイノーラルサウンド専門家であり、Feichter Audioと連携している。バイノーラル制作の専門機関であるAgence du Verbeを率いる。2016年、その卓越した3D制作でSociété Française d'Acoustique からCanac賞を受賞。ここでアクセスできます。 www.binaural.fr.

パスカル・リューフについて

バイノーラルのエキスパート・ストーリー

ラジオ・フランス

ラジオ・フランスは、1975年設立のフランス公共ラジオ放送局。国内最大の放送局として、1日のリスナー数は1,350万人に上ります。

アジズ・バーク・エルテン

アジズ・バーク・エルテンはイスタンブールを拠点とし、ライブコンサートとスタジオワークの両分野において活動するオーディオエンジニア。トルコの数々の著名アーティストのレコーディング、ミキシング、ツアーに参加しています。

フォノマティック・ラボ

フォノマティック・ラボは、自称フォノメトリシャン、エリック・サティの「あらゆる媒体で音楽を保護する」という理念の実現を目指すラボラトリー。バイノーラル技術を使ってレコーディングされた作品を、Music Inside Recordsで公開しています。

Gareth Fry

多数の受賞歴を誇るサウンドデザイナーとして、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』および『The Encounter』、2012年オリンピックのオープニングセレモニーなどの音響を担当。また、多数の展示会やキャンペーンでバイノーラル/アンビソニックオーディオおよびVR用オーディオの制作に携わってきた。

パスカル・リューフ

パスカル・ルエフは、ディレクター、詩人、3Dサウンドエンジニア。過去15年間、彼はバイノーラル制作のあらゆる側面を扱ってきました。科学者、アーティスト、技術者とのコラボレーションにより、第二次世界大戦、ランボーの「イルミネーション」、チェルノブイリに関するいくつかのシリーズを制作していています。

パウロ・カスタンヘイロ

ポルトガルのメディア・キャピタル・ラジオのサウンドデザイナーであり、リスボンNOVA大学の応用研究室であるiNOVAメディアラボのオーディオコンテンツ担当ポッドキャスト・プロデューサー。

Sign up for the newsletter and join the AMBEO Community

If you have any feedback or comment on AMBEO Music Blueprints, or want to share your experience and be featured in an Expert Story, please contact us.

Newsletter subscription