マイケル エングマン ロエナウ

AMBEOエキスパートストーリー

マイケルはプロフェッショナル・ミュージシャンとして25年間のキャリアがあります。10代の頃にミュージシャンとしてスタートし、1992年頃にスタジオレコーディングの世界に入りました。

私はVRマイクを使用して、デンマークのベテラン歌手であるIvan Pedersenと彼のバンドとのツアーによるライブコンサートをキャプチャしました。マイクは、音響の状態が良いライブ会場である「Portalen」(The Portal)のFOHコンソールの前の近い距離に配置されました。合計で約750人がライブに参加しました。マイクはオーディエンスのアンビエンスピックアップマイクとして使用され、PAで良く調整されたスムーズなサウンドだったので、とても良く再現されています。クローズステージマイクと組み合わせることで、全ての音色をパレットに配置できました。

„VRマイクについて私が気に入っているのは、ステレオ、5.1、ambisonicなど、あらゆるサウンドフォーマットにデコードできる多様性があるところです。“
マイケル エングマン ロエナウ

まるでコンサート会場にいるような新しい体験をできるようなサウンドクオリティはもとより、このVRマイクについて私が気に入っているのは、ステレオ、5.1、ambisonicなど、あらゆるサウンドフォーマットにデコードできる多様性があるところです。このマイクの配置を徹底的に検討した結果、さまざまなミックスで使用できる空間構築をできるようになりました。必要に応じて、リアピックアップのみをLS/RSのオーディエンスチャネルとしてとしてサラウンドミックスすることも、AMBEO VRマイクの全てを活用してVRゴーグル向けにミックスすることもできます。

マイケル エングマン ロエナウ

マイケルはプロフェッショナル・ミュージシャンとして25年間のキャリアがあります。10代の頃にミュージシャンとしてスタートし、1992年頃にスタジオレコーディングの世界に入りました。彼は現在プロオーディオのセールスマーケットに身を置きながら、自宅でProToolsベースのスタジオを運営するだけでなく、ツアーミュージシャンとして演奏したりFOHミックス制作を行ったりしています。

マイケル エングマン ロエナウ

バーチャルリアリティのエキスパート・ストーリー

ヘンリク・オッパーマン

ヘンリク・オッパーマンは、ヴィジュアライズ社のサウンドヘッド。3Dサウンドスペシャリストの第一人者として、映画、広告、音楽業界や3Dサウンドインスタレーションの分野でスタジオクオリティのオーディオレコーディングを10年以上にわたり手掛けてきました。

マイケル・エングマン・ロンナウ

マイケル・エングマン・ロンナウは、25年にわたり音楽業界で活躍しています。10代でミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、1992年にスタジオでの仕事に主軸を移しました。現在はプロフェッショナルオーディオの販売を手掛けるかたわら、ミュージシャンとしての活動やFOHミックスの制作、自宅に設けたProToolsスタジオの運営に従事しています。

コモ・ジャリバート

コモ・ジャリバートは、2002年にサウンドエンジニア兼サウンドデザイナーとしてキャリアをスタートさせました。没入型サウンドを追求し続け、サラウンドサウンドによるさまざまな試みを行っています。現場では、サウンドを「聴く」のではなく「感じる」ことを重視しており、これまでに映画やTV、ビデオゲーム、トランスメディア、VRなど多様な作品を手掛けてきました。最もよく知られた作品に映画『ミニスキュル~森の小さな仲間たち~』のサウンドデザイン、および世界初のタッチスクリーン用スクロールグラフィックノベル『Phallaina(パッライナ)』のサウンドスケープ制作があります。

Nicolas Büchi

Nicolas Büchi (*1982) is a scientific researcher in the Cast / Audiovisual Media specialization, Department of Design at the Zurich University of the Arts.

Thomas Rechberger

Thomas is a Swiss musician, music producer and sound designer. He has been working as an audio pro on all sides of the microphone for more than 20 years: As the lead guitarist of the band Lovebugs, he has played more than 1,000 concerts in Europe, recorded 13 albums, including several number-one singles, and received a number of Golden Record awards.

Fabian Knauber

As a studied acoustician, Fabian Knauber has acquired a broad theoretical knowledge of room acoustics, 3D audio and binaural technology which he complements by his practical experience as a freelance sound technician. Along with live sound and studio productions, his core areas of expertise include elaborate speaker-based installations and 3D sound for virtual reality.

Stephen Vitiello

Stephen Vitiello is an electronic musician and media artist. CD releases have been published by New Albion Records, Sub Rosa, 12k and Room 40. His sound installations and multi-channel works are in the permanent collections of the Museum of Modern Art, the Whitney Museum and the Museum of Contemporary Art, Lyon.

Little Konzett

Little Konzett is an Austrian producer, recording, mix and mastering engineer, musician and owner of „Little Big Beat Studios“. The studios are based in the Western part of Austria and in Liechtenstein.

Rodolphe Alexis

As a sound designer and sound engineer, his practice takes on various forms that are in dialogue with other fields of art (installation, sculpture, performance, radio).

Martin Rieger

Martin Rieger labels his profession as 360° sound production, which sees him taking a holistic approach to virtual reality productions, taking more elements into account in the recording and mixing process than traditionally, and crafting the storytelling throughout the entire process.
With his studies in media technology and production, he has a good overview of technologies in exceed of audio.

Dávid Rikk

Budapest based live sound engineer Dávid Rikk, is the head of sound at Akvárium Klub, Hungary’s biggest indoor venue with multiple concert halls. His primary goal is to bring concerts closer to the audience by creating a massive yet still dynamic sounding show and transmit the personality and intimacy of the performing artist. This attitude is behind creating AMBEO 360 @ Akvárium Klub series.

Katarina Hagstedt

Katarina is a Swiss based podcast producer and the founder of the Swiss Podcast Club, creator’s collective which aims to bring great podcasts out of Switzerland through exchange and knowledge sharing.

Georg Bleikolm

Georg Bleikolm was born in Lausanne and settled in Zurich 15 years ago. His heart oscillates between music, science, technology and media. Before he decided to concentrate on his solo projects “KnoR” Georg Bleikolm toured worldwide as a drummer with various bands for a decade and worked as a music producer.

アンドレ マヨ

AES(Audio Engineering Society)の前プレジデントであるアンドレ マヨは1992年からオーディオエンジニアとしてやプロデューサーとして活動してきたマスタリング分野における先駆者です。アナログ、CD、DVD、ブルーレイ、ストリーミング、360度立体オーディオなどのあらゆるフォーマットの音楽アルバムを3,000枚以上手掛けています。

Sign up for the newsletter and join the AMBEO Community

If you have any feedback or comment on AMBEO Music Blueprints, or want to share your experience and be featured in an Expert Story, please contact us.

Newsletter subscription