ブノワ・ジルグ(Benoît Gilg)

Ambeoエキスパートストーリー

ブノワ・ジルグはまだ若いですが、すでに人生の半分以上は音響の仕事をしています。パリのフリージャズ界の新星とチームを組み、Akosh.S Unitのレコーディングでキャリアをスタートさせた後、Mireille MathieuとJuliette Grecoのツアーでモニターミックスを担当し、自分の視野を広げることを決意しました。こうして彼は、適応するためのある種の資質を身につけました。

"サウンドの風船をふくらませる、そんなイメージで3Dオーディオのミキシングに取り組んでいます。
音響空間というコンセプトにずっと魅了されてきました。ただ、フォーマットから音響空間とマルチマイクロホンミックスを区別できるようになるまでには、多少の時間がかかりました。私の場合、モノラルで音響空間を見つけるのが起点になります。その際に鍵を握るのが、コンポジションとサウンド処理技術です。音楽関係のステレオサウンドレコーディングをはじめとして、レコーディング業務に長く携わってきた経験が、音響空間とマルチマイクロホンミックスの違いを理解するのに役立っていると思います。当時もしもスマートフォンがあったなら、もっと早く両者の違いを理解できたと思うのですが。たとえばNeumannのRecording Toolsアプリを使って、ステレオマイクの設定が簡単にできたでしょうね。3Dオーディオはサウンドをいわば「拡張」するもので、生理学的に驚くべき体験をリスナーに提供することができます。私が最初に3Dを手掛けたのは映画で、その後はコンサートのミックスを5.1や7.1で依頼されることが増えました。最近では、3D11.1や3D9.1を個人的に試しています。

コンサートでは特に、ステージ正面からとらえたサウンドレイヤーの「音楽」を、空間情報であるセカンドレイヤーとミックスして、マルチチャンネルの音響に仕上げることを目標としています。ふたつのレイヤーは音楽のスタイルに応じて、ミックス時に一体感を調整します。マルチチャンネルは、ポップスやロックのようにアンプを使うステージの場合も含めて、音源のうち一部の楽器からは離したマイクロホンを追加することにより、サウンドに一層の広がりを持たせることもあります。"

„ミュージックミックスに接続した瞬間に、リアルなライブコンサートホールの音響体験を可能にする“
ブノワ・ジルグ

サウンドの風船をふくらませる、そんなイメージで3Dオーディオのミキシングに取り組んでいます。
音響空間というコンセプトにずっと魅了されてきました。ただ、フォーマットから音響空間とマルチマイクロホンミックスを区別できるようになるまでには、多少の時間がかかりました。私の場合、モノラルで音響空間を見つけるのが起点になります。その際に鍵を握るのが、コンポジションとサウンド処理技術です。音楽関係のステレオサウンドレコーディングをはじめとして、レコーディング業務に長く携わってきた経験が、音響空間とマルチマイクロホンミックスの違いを理解するのに役立っていると思います。当時もしもスマートフォンがあったなら、もっと早く両者の違いを理解できたと思うのですが。たとえばNeumannのRecording Toolsアプリを使って、ステレオマイクの設定が簡単にできたでしょうね。3Dオーディオはサウンドをいわば「拡張」するもので、生理学的に驚くべき体験をリスナーに提供することができます。私が最初に3Dを手掛けたのは映画で、その後はコンサートのミックスを5.1や7.1で依頼されることが増えました。最近では、3D11.1や3D9.1を個人的に試しています。

コンサートでは特に、ステージ正面からとらえたサウンドレイヤーの「音楽」を、空間情報であるセカンドレイヤーとミックスして、マルチチャンネルの音響に仕上げることを目標としています。ふたつのレイヤーは音楽のスタイルに応じて、ミックス時に一体感を調整します。マルチチャンネルは、ポップスやロックのようにアンプを使うステージの場合も含めて、音源のうち一部の楽器からは離したマイクロホンを追加することにより、サウンドに一層の広がりを持たせることもあります。

B・ギルグについて

サウンドの風船をふくらませる、そんなイメージで3Dオーディオのミキシングに取り組んでいます。
音響空間というコンセプトにずっと魅了されてきました。ただ、フォーマットから音響空間とマルチマイクロホンミックスを区別できるようになるまでには、多少の時間がかかりました。私の場合、モノラルで音響空間を見つけるのが起点になります。その際に鍵を握るのが、コンポジションとサウンド処理技術です。音楽関係のステレオサウンドレコーディングをはじめとして、レコーディング業務に長く携わってきた経験が、音響空間とマルチマイクロホンミックスの違いを理解するのに役立っていると思います。当時もしもスマートフォンがあったなら、もっと早く両者の違いを理解できたと思うのですが。たとえばNeumannのRecording Toolsアプリを使って、ステレオマイクの設定が簡単にできたでしょうね。3Dオーディオはサウンドをいわば「拡張」するもので、生理学的に驚くべき体験をリスナーに提供することができます。私が最初に3Dを手掛けたのは映画で、その後はコンサートのミックスを5.1や7.1で依頼されることが増えました。最近では、3D11.1や3D9.1を個人的に試しています。

コンサートでは特に、ステージ正面からとらえたサウンドレイヤーの「音楽」を、空間情報であるセカンドレイヤーとミックスして、マルチチャンネルの音響に仕上げることを目標としています。ふたつのレイヤーは音楽のスタイルに応じて、ミックス時に一体感を調整します。マルチチャンネルは、ポップスやロックのようにアンプを使うステージの場合も含めて、音源のうち一部の楽器からは離したマイクロホンを追加することにより、サウンドに一層の広がりを持たせることもあります。

B・ギルグについて

ラウドスピーカーのエキスパート・ストーリー

ポール・ゲルーゾ

Paul Gelusoは、ミックスエンジニア、マスタリングエンジニア、プロデューサー、ミュージシャンとして、何百もの音楽と映画のタイトルにクレジットされています。作曲家、サウンドデザイナーとして、彼の作品はニューヨーク州芸術評議会やMeet The Composerの支援を受けて、国際的に展示されています。

マウゴルザタ・アルビンスカ

マウゴルザタ・アルビンスカ=フランクは、ポーランドのサウンドエンジニア、音楽プロデューサーです。ワルシャワのFryderyk Chopin音楽アカデミーで音楽制作とサウンドデザインを学ぶ。1989年に高校を卒業後、フリーランスのサウンドエンジニア、レコーディングマネージャー、音楽プロデューサーとして、ワルシャワを皮切りに、スイス、ドイツでキャリアをスタートさせました。1993年からは、スイスのバーゼルにあるFHNW音楽アカデミーで録音技術を教えており、現在も同校に在住しています。

ブノワ・ジルグ(Benoît Gilg)

ブノワ・ジルグはまだ若いですが、すでに人生の半分以上は音響の仕事をしています。パリのフリージャズ界の新星とチームを組み、Akosh.S Unitのレコーディングでキャリアをスタートさせた後、Mireille MathieuとJuliette Grecoのツアーでモニターミックスを担当し、自分の視野を広げることを決意しました。こうして彼は、適応するためのある種の資質を身につけました。

ダン ショア

3度のグラミー賞にノミネートの経験があるダニエルショアーズは、アシスタントエンジニアとしてキャリアをスタートし、エンジニアとなりました。そして、Sono Luminusレコードレーベルのヘッドとなりました。会社が再編しつつあるなか、ダニエルは自分が最も好きなこと、つまりエンジニアリングすることに戻りました。ダニエルはいつでもサウンドを愛し、可能な限り最もピュアな音楽のレコーディングをすることを目指しており、リスナーに音楽との最も魅力的なインタラクションを提供しています。

について ジョルジュ・モハイ(György Mohai)はサウンドエンジニア、ミキシングエンジニア、およびサウンドデザイナーとして、ハンガリー・ブダペストを拠点に活動している。ハンガリーの次世代サウンドエンジニアの第一人者である。幼い頃から音楽を学び、ハンガリーの著名音楽家たちの中等教育の場であるKőbánya Conservatoryのジャズボーカル学部に進学した。2010年にはブダペスト演劇映画アカデミーでサウンドディレクター学士号を取得。現在は同学で講義も行っている。

ウルリケ(シュワルツではありません)アンデルソンはラジオ、TV、録音業界で活躍するサウンドエンジニアおよびプロデューサー。手がけた録音はドイツおよび海外で数々の賞にノミネートおよび輝いている。主な受賞およびノミネート歴にEcho Klassik(エコー・クラシック)賞2回、Preis der Deutschen Schallplattenindustrie、Ars Acoustica、Diapason d’Or、グラミー賞候補などがある。

Sign up for the newsletter and join the AMBEO Community

If you have any feedback or comment on AMBEO Music Blueprints, or want to share your experience and be featured in an Expert Story, please contact us.

Image Credit: Frank Loriou

Newsletter subscription