Expert Stories

Lessons learned – sound experts and creative masterminds share their experiences with AMBEO in our exciting expert stories.

Sennheiser's AMBEO is the most effective way to capture binaural sound for easy on-the-go-headphone reproduction. Dive into our experts' best practices in 3D recording.

ラウドスピーカーのエキスパート・ストーリー

Paul Geluso

Paul Geluso has been credited as mix engineer, mastering engineer, producer, and musician on hundreds of music and film titles. As composer and sound designer, his work has been exhibited internationally receiving support from the New York State Council for the Arts and Meet The Composer.

Małgorzata Albińska

Małgorzata Albińska-Frank is a Polish sound engineer and music producer. She studied music production and sound design at the Fryderyk Chopin music academy in Warsaw. After graduating from high school in 1989, she began her career as a freelance sound engineer, recording manager and music producer – first in Warsaw, then in Switzerland and Germany. Since 1993, she has been teaching recording techniques at the FHNW Academy of Music in Basel, Switzerland, where she also lives.

Benoît Gilg

Benoît Gilg is still young but he has already been doing sound for more than half of his life. After a career start where he teams up with the rising stars of Parisian free jazz and notably records Akosh.S Unit, he decides to enlarge his horizons by taking charge of the monitor mixes on the tours of Mireille Mathieu and Juliette Greco. He thus develops a certain quality for adaptability.

ダン ショア

3度のグラミー賞にノミネートの経験があるダニエルショアーズは、アシスタントエンジニアとしてキャリアをスタートし、エンジニアとなりました。そして、Sono Luminusレコードレーベルのヘッドとなりました。会社が再編しつつあるなか、ダニエルは自分が最も好きなこと、つまりエンジニアリングすることに戻りました。ダニエルはいつでもサウンドを愛し、可能な限り最もピュアな音楽のレコーディングをすることを目指しており、リスナーに音楽との最も魅力的なインタラクションを提供しています。

について ジョルジュ・モハイ(György Mohai)はサウンドエンジニア、ミキシングエンジニア、およびサウンドデザイナーとして、ハンガリー・ブダペストを拠点に活動している。ハンガリーの次世代サウンドエンジニアの第一人者である。幼い頃から音楽を学び、ハンガリーの著名音楽家たちの中等教育の場であるKőbánya Conservatoryのジャズボーカル学部に進学した。2010年にはブダペスト演劇映画アカデミーでサウンドディレクター学士号を取得。現在は同学で講義も行っている。

ウルリケ(シュワルツではありません)アンデルソンはラジオ、TV、録音業界で活躍するサウンドエンジニアおよびプロデューサー。手がけた録音はドイツおよび海外で数々の賞にノミネートおよび輝いている。主な受賞およびノミネート歴にEcho Klassik(エコー・クラシック)賞2回、Preis der Deutschen Schallplattenindustrie、Ars Acoustica、Diapason d’Or、グラミー賞候補などがある。

バイノーラルのエキスパート・ストーリー

ラジオ・フランス

ラジオ・フランスは、1975年設立のフランス公共ラジオ放送局。国内最大の放送局として、1日のリスナー数は1,350万人に上ります。

アジズ・バーク・エルテン

アジズ・バーク・エルテンはイスタンブールを拠点とし、ライブコンサートとスタジオワークの両分野において活動するオーディオエンジニア。トルコの数々の著名アーティストのレコーディング、ミキシング、ツアーに参加しています。

フォノマティック・ラボ

フォノマティック・ラボは、自称フォノメトリシャン、エリック・サティの「あらゆる媒体で音楽を保護する」という理念の実現を目指すラボラトリー。バイノーラル技術を使ってレコーディングされた作品を、Music Inside Recordsで公開しています。

Gareth Fry

多数の受賞歴を誇るサウンドデザイナーとして、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』および『The Encounter』、2012年オリンピックのオープニングセレモニーなどの音響を担当。また、多数の展示会やキャンペーンでバイノーラル/アンビソニックオーディオおよびVR用オーディオの制作に携わってきた。

Pascal Rueff

Pascal Rueff is a director, poet and 3D sound engineer. For the past 15 years, he has been dealing with all aspects of binaural production. He has produced several series on World War II, the Illuminations by Rimbaud, and Chernobyl in collaboration with scientists, artists and technicians.

Paulo Castanheiro

Paulo Castanheiro is a sound designer at Media Capital Radios in Portugal, a podcasts producer responsible for the audio contents at iNOVA Media Lab and an applied research lab at NOVA University of Lisbon.

バーチャルリアリティのエキスパート・ストーリー

ヘンリク・オッパーマン

ヘンリク・オッパーマンは、ヴィジュアライズ社のサウンドヘッド。3Dサウンドスペシャリストの第一人者として、映画、広告、音楽業界や3Dサウンドインスタレーションの分野でスタジオクオリティのオーディオレコーディングを10年以上にわたり手掛けてきました。

マイケル・エングマン・ロンナウ

マイケル・エングマン・ロンナウは、25年にわたり音楽業界で活躍しています。10代でミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、1992年にスタジオでの仕事に主軸を移しました。現在はプロフェッショナルオーディオの販売を手掛けるかたわら、ミュージシャンとしての活動やFOHミックスの制作、自宅に設けたProToolsスタジオの運営に従事しています。

コモ・ジャリバート

コモ・ジャリバートは、2002年にサウンドエンジニア兼サウンドデザイナーとしてキャリアをスタートさせました。没入型サウンドを追求し続け、サラウンドサウンドによるさまざまな試みを行っています。現場では、サウンドを「聴く」のではなく「感じる」ことを重視しており、これまでに映画やTV、ビデオゲーム、トランスメディア、VRなど多様な作品を手掛けてきました。最もよく知られた作品に映画『ミニスキュル~森の小さな仲間たち~』のサウンドデザイン、および世界初のタッチスクリーン用スクロールグラフィックノベル『Phallaina(パッライナ)』のサウンドスケープ制作があります。

Nicolas Büchi

Nicolas Büchi (*1982) is a scientific researcher in the Cast / Audiovisual Media specialization, Department of Design at the Zurich University of the Arts.

Thomas Rechberger

Thomas is a Swiss musician, music producer and sound designer. He has been working as an audio pro on all sides of the microphone for more than 20 years: As the lead guitarist of the band Lovebugs, he has played more than 1,000 concerts in Europe, recorded 13 albums, including several number-one singles, and received a number of Golden Record awards.

Fabian Knauber

As a studied acoustician, Fabian Knauber has acquired a broad theoretical knowledge of room acoustics, 3D audio and binaural technology which he complements by his practical experience as a freelance sound technician. Along with live sound and studio productions, his core areas of expertise include elaborate speaker-based installations and 3D sound for virtual reality.

Stephen Vitiello

Stephen Vitiello is an electronic musician and media artist. CD releases have been published by New Albion Records, Sub Rosa, 12k and Room 40. His sound installations and multi-channel works are in the permanent collections of the Museum of Modern Art, the Whitney Museum and the Museum of Contemporary Art, Lyon.

Little Konzett

Little Konzett is an Austrian producer, recording, mix and mastering engineer, musician and owner of „Little Big Beat Studios“. The studios are based in the Western part of Austria and in Liechtenstein.

Rodolphe Alexis

As a sound designer and sound engineer, his practice takes on various forms that are in dialogue with other fields of art (installation, sculpture, performance, radio).

Martin Rieger

Martin Rieger labels his profession as 360° sound production, which sees him taking a holistic approach to virtual reality productions, taking more elements into account in the recording and mixing process than traditionally, and crafting the storytelling throughout the entire process.
With his studies in media technology and production, he has a good overview of technologies in exceed of audio.

Dávid Rikk

Budapest based live sound engineer Dávid Rikk, is the head of sound at Akvárium Klub, Hungary’s biggest indoor venue with multiple concert halls. His primary goal is to bring concerts closer to the audience by creating a massive yet still dynamic sounding show and transmit the personality and intimacy of the performing artist. This attitude is behind creating AMBEO 360 @ Akvárium Klub series.

Katarina Hagstedt

Katarina is a Swiss based podcast producer and the founder of the Swiss Podcast Club, creator’s collective which aims to bring great podcasts out of Switzerland through exchange and knowledge sharing.

Georg Bleikolm

Georg Bleikolm was born in Lausanne and settled in Zurich 15 years ago. His heart oscillates between music, science, technology and media. Before he decided to concentrate on his solo projects “KnoR” Georg Bleikolm toured worldwide as a drummer with various bands for a decade and worked as a music producer.

アンドレ マヨ

AES(Audio Engineering Society)の前プレジデントであるアンドレ マヨは1992年からオーディオエンジニアとしてやプロデューサーとして活動してきたマスタリング分野における先駆者です。アナログ、CD、DVD、ブルーレイ、ストリーミング、360度立体オーディオなどのあらゆるフォーマットの音楽アルバムを3,000枚以上手掛けています。

Sign up for the newsletter and join the AMBEO Community

If you have any feedback or comment on AMBEO Music Blueprints, or want to share your experience and be featured in an Expert Story, please contact us.

*The marked fields are mandatory

Image Credit: Nicolas Büchi / ZHdK Cast

Newsletter subscription